$shibayu36->blog;

株式会社はてなでエンジニアをしています。プログラミングや読書のことなどについて書いています。

workflow_dispatchを使うとGithub Actionsのデバッグも楽だった

github.blog

こういうの来て便利だな〜と思ってたけど、デバッグにも有用だった。

例えばGithub Actionsのon scheduleを使ってcronのように実行したい時、これまでだと

  • デフォルトブランチにmergeして、その時間になるまで待つ
  • ワークフローをトリガーするイベント - GitHub Docsのrepository_dispatchを有効にして、eventを発行する
    • ただし ノート: このイベントがワークフローの実行を引き起こすのは、そのワークフローのファイルがmasterもしくはデフォルトブランチにある場合のみです。 という制約があって、変更をデフォルトブランチにmergeしないと試せなかった

のように、両方とも一回デフォルトブランチにmergeしないとお試し出来なかった。

しかしworkflow_dispatchはブランチも自由に選べるので、変更しているブランチで実行し続ければデバッグできる。便利。