$shibayu36->blog;

株式会社はてなでエンジニアをしています。プログラミングや読書のことなどについて書いています。

人事の仕事の全容を知る - 「人事管理入門」読んだ

評価制度などの仕組みを考えるにあたり、一度人事関連の教科書を読んで全容を知らないといけないなと思ったので、おすすめされていた「人事管理入門」を読んだ。" title="マネジメント・テキスト 人事管理入門">マネジメント・テキスト 人事管理入門作者: 今…

パターンから組織改善のきっかけを得る - 「組織パターン」読んだ

組織の勉強の一環として「組織パターン」読んだ。組織パターン作者: James O. Coplien,Neil B. Harriosn出版社/メーカー: 翔泳社発売日: 2013/08/23メディア: Kindle版この商品を含むブログ (4件) を見るこの本は、チームや組織が、よく陥る問題とその解決策…

雑誌で続きを楽しみにしている漫画たち

最近気づいたら漫画の雑誌やアプリを毎日めちゃくちゃ読んでいることに気づいた。そこでこの機会に毎回続きを楽しみにしている漫画たちを紹介したいと思う。読んでいる雑誌やアプリは ハルタ 週刊ヤングジャンプ 週刊ジャンプ モーニング 月刊アフタヌーン …

人為的選択で自然淘汰でない組織変化を起こす - 「殻 脱じり貧の経営」を読んだ

組織論や経営への興味関心から、「殻 脱じり貧の経営」を読んだ。殻―脱じり貧の経営作者: 高橋伸夫出版社/メーカー: ミネルヴァ書房発売日: 2013/03メディア: 単行本 クリック: 1回この商品を含むブログ (1件) を見るこの本は、会社がじり貧に陥る理由を「殻…

puppeteerを使ってBOOTHの注文ごとの未発送商品を一覧化する

最近妻が通販のためBOOTHを使っている。それでそろそろ発送するかと思っていたところ、BOOTHの注文一覧では、購入者名や金額は表示されているものの、購入した商品が表示されていない。購入した商品を確認するためには注文詳細を一つずつ見るしかない。これ…

「組織論補訂版」読んだ

blog.shibayu36.org第Ⅰ部を読んだあと、結局一気に読んだ。組織論 補訂版 (有斐閣アルマ)作者: 桑田耕太郎,田尾雅夫出版社/メーカー: 有斐閣発売日: 2010/03/23メディア: 単行本(ソフトカバー) クリック: 2回この商品を含むブログ (19件) を見る正直かなり…

dockerの公式のGet Startedのドキュメントが今のコンテナ技術の概念をいろいろ学べてお得

https://docs.docker.com/get-started/をやってみたのだけど、今のコンテナ技術の概念をいろいろ学べてお得だった。 Get Started, Part 1: Orientation and setup | Docker Documentation で、コンテナとVMの違いって何?というのが分かる Get Started, Part…

「組織論補訂版」第Ⅰ部 組織論の基礎を読んだ

組織のことを体系的に学習したいと思って、組織論補訂版を読んでいる。組織論 補訂版 (有斐閣アルマ)作者: 桑田耕太郎,田尾雅夫出版社/メーカー: 有斐閣発売日: 2010/03/23メディア: 単行本(ソフトカバー) クリック: 2回この商品を含むブログ (19件) を見…

世界にインパクトを与え続ける企業とそれ以外を分ける要素を知る - ビジョナリー・カンパニー読んだ

最近、経営戦略だったり組織戦略だったりに興味が出てきたので読んだ。ビジョナリー・カンパニー ― 時代を超える生存の原則作者: ジム・コリンズ,山岡洋一出版社/メーカー: 日経BP社発売日: 1995/09/26メディア: 単行本購入: 33人 クリック: 196回この商品を…

良い制度には「カイゼンループ」が組み込まれている

最近いろんな制度や仕組みを見ていて、良い制度には「カイゼンループ」が組み込まれているなと感じた。(カイゼンループは、トヨタの「カイゼン」と、繰り返しの「ループ」を組み合わせて、勝手に造語してみた)カイゼンループとは、制度・仕組み・関わる人・…

Emacsで現在見ている行を変更したPRを開けるようにした

このコードどうしてこうなってるのかという経緯を知りたい時、git blameなどのコマンドを利用することが多い。しかし、git blameだとその行を変更したcommitが分かるだけであり、経緯が結局分からないということがよくある。そういう時にその行を変更したPR…

Play Frameworkのサーバ立ち上げ部分のコードを追いかける

Play Frameworkとsbtを使っていて、sbt runを実行した時にどういうことが起こっているのか、compileしたときのmain関数はどこにあるのかあたりが分かってなかった。この辺が分かってないと、開発でrunしている最中に変な挙動をした場合のデバッグや、本番ア…

AWSのVPC非対応なEC2/RDSをVPC内に移行した手順 - PrePANのインフラマイグレーション

http://prepan.org/ というサービスを運営している。このサービスはインフラ周りにAWSのEC2とRDSを使っている。このサービスが立ち上がったのが2011年あたりなのだけど、この時EC2とRDSはまだVPCがない時代(EC2-Classic)で、VPC非対応なEC2/RDS(t1.micro)で…

「ヤフーの1on1」読んだ

ヤフーの1on1―――部下を成長させるコミュニケーションの技法作者: 本間浩輔出版社/メーカー: ダイヤモンド社発売日: 2017/03/25メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見る1on1とかメンタリング関係の本を読み漁っている一貫で読んだ。この…

「仮説思考」読んだ

仮説思考 BCG流 問題発見・解決の発想法作者: 内田和成出版社/メーカー: 東洋経済新報社発売日: 2006/03/31メディア: 単行本購入: 29人 クリック: 187回この商品を含むブログ (161件) を見る施策を考えるときは、情報を網羅的に調べ上げて何をするか決めるの…

あー憂鬱になってきたと思ったら

どうせまた時期だろうなと思って、自分のブログを検索したら異常にに正確なリズムで、逆に面白くなってしまった。http://blog.shibayu36.org/search?q=憂鬱なんか唐突に自信なくなってきたけど、五月だからだろうなー— 柴崎優季 (@shiba_yu36) 2018年4月27日…

CloudFormationのクロススタック参照を利用してネットワーク設定とWebサーバ設定を分ける

「Amazon Web Services 基礎からのネットワーク&サーバー構築 改訂版」でAWSサーバ構築とCloudFormationに入門した - $shibayu36->blog;で、サーバ構築を1ファイルで行い、CloudFormationの1スタックでネットワーク設定もWebサーバ設定もDBサーバ設定も書い…

「Amazon Web Services 基礎からのネットワーク&サーバー構築 改訂版」でAWSサーバ構築とCloudFormationに入門した

AWSのネットワークやサーバ構築の基本知識が欲しかったのと、CloudFormationでどうAWSの構成を作るかについて知りたかったので、「Amazon Web Services 基礎からのネットワーク&サーバー構築 改訂版」を読みながらCloudFormationの設定を作るということをや…

CloudFormationで立ち上げたEC2に自動でApacheをインストールして起動するようにした

CloudFormationでVPCを構築し、CloudFormationに入門する方法を知った - $shibayu36->blog;、CloudFormationでEC2の立ち上げをした - $shibayu36->blog; の続き。今回は「Amazon Web Services 基礎からのネットワーク&サーバー構築 改訂版」のChapter4に従っ…

CloudFormationでEC2の立ち上げをした

CloudFormationでVPCを構築し、CloudFormationに入門する方法を知った - $shibayu36->blog; の続き。今回は「Amazon Web Services 基礎からのネットワーク&サーバー構築 改訂版」のChapter3に従って、EC2の立ち上げとセキュリティグループの設定をした。Amaz…

CloudFormationでVPCを構築し、CloudFormationに入門する方法を知った

最近CloudFormationに入門しようとしている。それで、AWS CloudFormation への入門に「Amazon Web Services 基礎からのネットワーク&サーバー構築」を使ってみた - えいのうにっきの記事をみて、これはいい入門の仕方だなあと思い、「Amazon Web Services 基…

PostgreSQLでSQLチューニングや障害状況調査に使ったクエリ達まとめ

最近PostgreSQLでSQLチューニングや、DBが詰まった時の状況調査をいろいろやった。その時に便利だったクエリ達をまとめていく。PostgreSQLのバージョンは9.6系です。 SQLチューニングなどに便利だったクエリ達 それ以降に実行するSQLの実行時間を表示する。…

「内部構造から学ぶPostgreSQL」読んだ

最近PostgreSQLに発行するクエリのパフォーマンスチューニングや、PostgreSQLの調査を行うことが多かったので、ちゃんと学ぼうと思って読んだ。内部構造から学ぶPostgreSQL 設計・運用計画の鉄則 (Software Design plus)作者: 勝俣智成,佐伯昌樹,原田登志出…

PostgreSQLでauto_explainを使ってどのクエリが遅いか把握する

ある機能が重いなどといった理由で、DBのどのクエリが遅いか把握したいことはよくあります。そんな時、PostgreSQLのauto_explainが便利だったので紹介。auto_explainを使うと、指定した実行時間以上を利用しているクエリに対して、自動で実行計画をログファ…

自分たち夫婦のことや育児のことをインタビューされました

東洋経済の、ほしいのは「つかれない家族」という連載で、夫婦での生活のことや育児のことについてインタビューされました。結構なボリュームになってしまったらしく、3記事に分割されて掲載されました。toyokeizai.net toyokeizai.net toyokeizai.net toyok…

技術的負債のパターンと悪影響・原因・返却方法について考える

先日飲み会で技術的負債についての雑談をしていた。結構いろいろな側面の話をしていたのだけど、技術的負債って一括りにしているのが今はあんまり良くなくて、負債の性質によって技術的奨学金、技術的FX、技術的年金などと言葉を変えると良いのではみたいな…

sbtが依存管理に使っているivyのローカルレポジトリやキャッシュについて調べた

自作のScalaライブラリをpublishLocalしながら手元でリリース前に最終確認する - $shibayu36->blog; で、手元で自作ライブラリの最終確認をするにはpublishLocalすれば良いことを書いた。この時にsbtが依存管理に使っているivyについてもついでに調べたので…

「エンジニアリング組織論への招待」はいろんな立場の人に読んで欲しい

最近メンタリング制度のことや、技術組織のことについて興味がある。最近「エンジニアリング組織論への招待」という本が出版されて話題になっていたので読んでみた。エンジニアリング組織論への招待 ~不確実性に向き合う思考と組織のリファクタリング作者: …

自作ScalaライブラリをMaven Centralにリリースする手順メモ

最近Scalaの勉強も兼ねてjoda-time-fakeというScalaライブラリをMaven Central Repositoryにリリースしてみた。今回はその手順を忘れないようにメモとして残しておく。 今回の手順でできたこと com.github.shibayu36 organizationにjoda-time-fakeとしてライ…

自作のScalaライブラリをpublishLocalしながら手元でリリース前に最終確認する

joda-time-fakeを作りながら、リリースする前に手元で最終確認したいと思い、やり方を調べていた。調べてみると、publishLocalというものを使えば、ローカルのivy repositoryに成果物をpublishすることができ、そうすることで他のプロジェクトから参照できる…