$shibayu36->blog;

株式会社はてなでエンジニアをしています。プログラミングや読書のことなどについて書いています。

「むかし僕が死んだ家」読んだ

東野圭吾作の「むかし僕が死んだ家」を読んだ。

むかし僕が死んだ家 (講談社文庫)

むかし僕が死んだ家 (講談社文庫)

300ページくらいあったけど、とにかくどんどん伏線が回収されていくのを見て一気に読み終えてしまった。むかし僕が死んだ家というタイトルが結局どういう意味だったのか気になる。普通に主人公と家が関係有るのかと思いながら読んでいたのでミスリードに使われたのかどうなのか。気になったのでいくつか調べて考察読んでみたけど、よく分からなかった。

東野圭吾の作品、昔から非常によく読んでいた。個人的には「秘密」が非常に好きで、秘密を読み終えた後にその文章からその時の二人の心情をイメージしてしまって悶絶したりしてた。東野圭吾けっこう好きだけど、電子書籍に反対しているのか、著作がKindle化されないのだけが残念である。