読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

$shibayu36->blog;

株式会社はてなでエンジニアをしています。プログラミングや読書のことなどについて書いています。

「夕凪の街 桜の国」

book comics

夕凪の街 桜の国 (アクションコミックス)

夕凪の街 桜の国 (アクションコミックス)

年末年始にセールやってて100円とかで変えたので読んだ。とにかく良すぎた。

この漫画は原爆が落ちた後の被爆者の生活について書かれていた。どれだけ被曝に苦しめられてきたかというものが伝わってくるし、それにより差別されてきた様子とか、でもそれを乗り越えている様子とか、そういうのを感じることが出来た。

十年経ったけど
原爆を落とした人はわたしを見て
「やった!またひとり殺せた」
とちゃんと思うてくれとる?

このセリフを見た時、けっこう震えた。そのくらい長く影響を与えたものだし、とはいえ被害者以外はそれを忘れてしまっていくのが非常に怖いなと思う。


小学生の時に一番衝撃を受けた漫画が「はだしのゲン」だった。小学校の本棚に全巻置いてあって、休み時間を使って読んでいた。その中で戦争の怖さとか、武器の怖さみたいなのを思い知った記憶がある。

その後うちの小学校では修学旅行で広島に行った。原爆ドームとかも見たし、資料館にも入った。小学生のときで考えると非常に心にダメージを与えるような内容で、気分が悪くなっていた人もいた。でもそこまでして感じることで、これが実際に起きたことなんだなと小学生ながらに実感することが出来た。

そういえばはだしのゲンの貸し出し禁止みたいな話があったけど、それはどうなったんだろうか。個人的には、子どもに対して情報をどんどん制限していくというのはあんまり良くないんじゃないのかなと思う。「悪い影響があるから見せるな」というのはどれだけ子どものことを分かっていて言ってるのだろうかと思う。それにより良い影響もなくしてしまうかもしれないのに。自分自身は子供の頃にそのような情報を受けたことにより、もちろん気分は悪くなったのだけど、その衝撃は今でもリアルに思い出すことが出来る。情報を制御し過ぎるとこういうこともできなくなるだろうと思う。


これまであったことは世間からだんだん忘れ去られてしまう。でも何かの形で引き継ぐとかは出来るように思う。今回の漫画を読んでいて、歴史から学ぶっていうことは忘れずにいたいなと思った。