読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

$shibayu36->blog;

株式会社はてなでエンジニアをしています。プログラミングや読書のことなどについて書いています。

アイスランド旅行記

先日新婚旅行でアイスランドに1週間半ほど行ってきた。どうせならあまり行けないところにということでアイスランドにしたが、行ってみるとこれまで経験したことのない景色が広がっていて、本当に楽しかった。写真をいろいろ撮ったので簡単な旅行記を残しておきたいと思う。

到着〜ブルーラグーン

到着してすぐに全く違う景色が広がっていた。荒野のような雰囲気で、岩場に苔が生えている地帯がずっと続いていた。

f:id:shiba_yu36:20161013060146j:plain

f:id:shiba_yu36:20161013060147j:plain

f:id:shiba_yu36:20161013060148j:plain

f:id:shiba_yu36:20161013060154j:plain

 

最初にアイスランドの有名な観光地であるブルーラグーンに訪れた。ブルーラグーンアイスランドで一番大きい温泉で、その名の通り非常に青い。

f:id:shiba_yu36:20161013060150j:plain

f:id:shiba_yu36:20161013060152j:plain

f:id:shiba_yu36:20161013194205j:plain

 

 

ブルーラグーンも青いが、その周辺ではおそらく鉱物の影響で全ての水が青くなっていた。水の青さによって空が水面に写っていて非常に綺麗だった。

f:id:shiba_yu36:20161013060144j:plain

f:id:shiba_yu36:20161013060151j:plain

f:id:shiba_yu36:20161013060155j:plain

 

今回泊まったホテルでは、そのホテルに泊まった人だけが入れる温泉であるシークレットラグーンというものがあった。ブルーラグーンよりも自然のままで、まさに岩場にそのまま温泉が溜まったようなものだった。ブルーラグーンは人も多かったが、こちらはほとんど人もいないため、落ち着いて入ることが出来た。

f:id:shiba_yu36:20161013060153j:plain

シリカのパックをしている様子。あまりツルツルにはならなくて痛かった。

f:id:shiba_yu36:20161013060149j:plain

 

ゴールデンサークル

続いて訪れたのはゴールデンサークルと呼ばれるスポット。プレートの狭間や、巨大な滝、間欠泉など、アイスランドの代表的な自然スポットをいくつかめぐることができ、人気のスポットであることからゴールデンサークルと呼ばれているようだった。

まず大地の生まれる場所とされるシンクヴェトリル国立公園へ。プレートの境目は普通は海の底にあるが、それが地上に出てきているという珍しいスポットらしい。実は世界最古の民主議会が行われた場所とされていて、文化的にもかなり重要なスポットらしい。

f:id:shiba_yu36:20161013060156j:plain

f:id:shiba_yu36:20161013060159j:plain

f:id:shiba_yu36:20161013060158j:plain

 

続いてはグルフォスの滝に。日本では見たことのない巨大な滝に圧倒された。人間の大きさとくらべてもらうとその大きさが伝わるかもしれない。ここも地形が見たことのない形だったので、プレートの境目に滝が流れ落ちているのかもしれないと感じた。 

f:id:shiba_yu36:20161013060200j:plain

f:id:shiba_yu36:20161013060157j:plain

 

さらに間欠泉へ。10分に一回程度吹き出る間欠泉があり、大迫力だった。また地面から湯気が吹き出している様子など、初めて見る光景だった。 

f:id:shiba_yu36:20161013060201j:plain

f:id:shiba_yu36:20161013060202j:plain

f:id:shiba_yu36:20161013060203j:plain

f:id:shiba_yu36:20161013060204j:plain

ギャウでのシュノーケリング

アイスランドではギャウと呼ばれるプレートの境目に、雪解け水が流れ込んで川のようになっている。水温はずっと2度程度に保たれていて生物がほとんどいないため、ものすごい透明度となっている。ここをシュノーケリングできるということだったので行ってみた。

f:id:shiba_yu36:20161013060209j:plain

f:id:shiba_yu36:20161013060210j:plain

f:id:shiba_yu36:20161013060208j:plain

f:id:shiba_yu36:20161013060206j:plain

f:id:shiba_yu36:20161013060205j:plain

 

写真ではわかりづらいかもしれないが、すごい透明度だった。まず入ってみると思った以上の深さに驚かされる。最初入ったばかりのところで水深20mくらい、少し進むと70mとかの深さだった。濁って見えるという感覚はなく、光が少なくなって暗くなるとようやく見えなくなる状態だった。透明度が非常に高いせいで、水の中にはいっているというより、空を飛んでいるような気持ちになった。 

水温が非常に低いので、ドライスーツを着てシュノーケリングをするのだが、これが非常に苦しかった。初ドライスーツ体験で呼吸がしづらい & 拙い英語を使ってのコミュニケーション & 前のグループの人が水を飲んだりパニックになったりして運ばれていったのを見るなどと、このような状態でシュノーケリングをするのは恐怖体験ではあったが、それも今となってはいい思い出である。 

南海岸と氷河ハイキングツアー

ずっと西の方に滞在していたが、ミニバスに乗って南海岸を通り、東の氷河のところに行くツアーにも参加。南海岸には不思議な海岸や氷河など、こちらも初めて見る景色が広がっていた。

ブラックサンドビーチと呼ばれる海岸は、真っ黒な砂や石が見られる海岸。また波が非常に高く恐ろしい海岸だった。観光客がたまに波に飲まれて亡くなっているらしい。そんなところでウエディング写真を取る人たちもいて気合が入っている。

f:id:shiba_yu36:20161013060213j:plain

f:id:shiba_yu36:20161013060220j:plain

f:id:shiba_yu36:20161013060221j:plain

f:id:shiba_yu36:20161013060222j:plain

 

 氷が流れ着いている不思議な海岸もあった。

f:id:shiba_yu36:20161013060216j:plain

f:id:shiba_yu36:20161013060215j:plain

f:id:shiba_yu36:20161013060225j:plain

 

南海岸の途中には、昔の伝統的な建物が見れるところや苔がずっと続くような場所も。

f:id:shiba_yu36:20161013060219j:plain

f:id:shiba_yu36:20161013060214j:plain

 

氷河が浮かぶ場所のボートツアーにも参加。近くではモデルのような人が写真撮影をしていた。

f:id:shiba_yu36:20161013060223j:plain

f:id:shiba_yu36:20161013060224j:plain

 

さらに氷河のハイキングに。アイゼンなどをしっかり付けて探索。水たまりだと思ったらとても深かったり、クレバスがところどころにあったりと危険な場所でもあったが、きれいな光景だった。

f:id:shiba_yu36:20161013060217j:plain

f:id:shiba_yu36:20161013060226j:plain

f:id:shiba_yu36:20161013060227j:plain

f:id:shiba_yu36:20161013060228j:plain

f:id:shiba_yu36:20161013060230j:plain

ホエールウォッチング

船に乗ってホエールウォッチングのツアーにも。乗る前に酔い止めが渡されて嫌な予感はしていたが、案の定ものすごく揺れて帰りたい感じだった。3時間くらい船に乗って5分くらいしかクジラが見れなかったのでちょっと微妙だったかも。北の方に行くともっとクジラが見れるみたい。

みんなグロッキー状態だった。

f:id:shiba_yu36:20161013060231j:plain

よく見るとクジラがいる。

f:id:shiba_yu36:20161013060232j:plain

レイキャビク

旅の拠点はレイキャビクという街。アイスランドは人口が30万人ほどで、その8割くらいはこの街にいる。とてもお洒落な街で、カラフルな家があったり、ところどころに絵がかいてあったりする。お洒落な街が普通になってしまい、日本に帰ってきたら街がむっちゃださく見えてしまったくらいだった。

f:id:shiba_yu36:20161013060233j:plain

f:id:shiba_yu36:20161013060235j:plain

f:id:shiba_yu36:20161013060236j:plain

f:id:shiba_yu36:20161013060237j:plain

f:id:shiba_yu36:20161013060238j:plain

f:id:shiba_yu36:20161013060234j:plain

f:id:shiba_yu36:20161013060239j:plain

 

アイスランドに訪れて

見たことのない景色が非常にたくさんあり、大興奮だった。以下は感じたこと。

  • とにかく自然が綺麗。自然をひたすら見るのが楽しかった
  • シュノーケリングしたり氷河をみたりと、季節はいつなのという混乱した気分になった
  • 物価は高い。昼食で一人3000円くらいとか普通にする。あとごはんは期待しないほうがいい
  • 天候が厳しい。次々と天候が変わる。あと風が強いので毎日台風のような気分になる。傘はさせないのでカッパでしのぐしかない

とにかく厳しい気候だったり、物価が高いということはあったけど、その辛さを吹き飛ばすほど壮大な自然がたくさんあり、アイスランドに行ってよかったというのが最終的な感想だった。火山の中を探索したり、氷の洞窟を探検したりというツアーもあるので、もし次に行く機会があったらそのあたりに行ってみたい。