読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

$shibayu36->blog;

株式会社はてなでエンジニアをしています。プログラミングや読書のことなどについて書いています。

「嫌われる勇気」読んだ

book

Amazonでベストセラーに入っていたので気になっていた「嫌われる勇気」を読んだ。

嫌われる勇気

嫌われる勇気

この本は青年と哲人の会話形式によって、フロイトユングとはまた違った観点でのアドラーの心理学を教えてくれる本。自分があんまり対話形式の本が好きじゃないのと、青年が異常にいらつく感じだったので、あんまり入り込むことが出来なかったのだけど、一定いいことを言っているという感じだった。


個人的にはこの本の中に書いてある

  • 誰とも競争することなく、ただ前を向いて歩いて行けばいい
  • 健全な劣等感とは、他者との比較のなかで生まれるのではなく、「理想の自分」との比較から生まれるもの

というのが印象に残っている。

確かに他の人はできているのに自分は出来ない、のような劣等感を持っていて、それを嘆いているときは何事にもパフォーマンスが出なくなるように思う。そうではなくて、現在の問題を解決している理想の自分を思い描き、それとのギャップを埋めるための努力をするほうが健全であり、自己の成長につながるよなあと感じた。