$shibayu36->blog;

株式会社はてなでエンジニアをしています。プログラミングや読書のことなどについて書いています。

VSCodeでQuickOpenの幅を広げ、ファイルを探しやすくする

 VSCodeで大きめプロジェクトを触っていると、QuickOpenでファイルを探すときにコマンドパレットの幅が狭くて探しにくいな...と思うことがあった。調べたら広げる方法があったのでメモ。

 まず Option to widen the command palette · Issue #85374 · microsoft/vscode · GitHub のissueにある通り、設定できるようにする機能は公式のbacklogに載ったようだ。そのため、待ってれば公式の機能で変えられるだろう。

 ひとまずそれまでの間にwork aroundするには、issueにある通りCustomize UIという拡張を使うと良い。この拡張をインストールした後に、以下の設定をsettings.jsonに入れるだけでカスタマイズできる。

  "customizeUI.stylesheet": {
    ".quick-input-widget": "width: 1000px !important; left: calc(50% - 200px);"
  }

これだけで以下のように幅が広がり、ファイルが探しやすくなった。

Before f:id:shiba_yu36:20200620220736p:plain

After f:id:shiba_yu36:20200620221526p:plain