読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

$shibayu36->blog;

株式会社はてなでエンジニアをしています。プログラミングや読書のことなどについて書いています。

良い物件ではなく良い不動産屋を探した

misc

いろいろあって今の家から引っ越すことになった。

良い物件どうやって探したらいいか分からなかったので、適当にググって http://nanapi.jp/286/ を実践してみたら、結果的にうまく行ったので経験をメモ。

結論

良い物件を探すのではなく、良い不動産屋を探すという方法にしたところ、僕の性格としては上手く行った

今回の流れ

  • suumoやhomesで住みたい場所の物件を眺める
  • 希望条件をまとめる
  • 不動産屋を選んでメールしまくる
  • 良さげなところを数社に絞って、さらに送られた物件見ながら返信してみる
  • 一番いい感じに返答してくれた雰囲気の店に行って相談

suumoやhomesで住みたい場所の物件を眺める

http://nanapi.jp/286/ とやってることは一緒なので割愛

希望条件をまとめる

http://nanapi.jp/286/ とやってることは一緒なので割愛

不動産屋を選んでメールしまくる

この段階で、希望条件として場所がどこで、値段がいくら位で、必須条件がこれで、オプションでこれがついてたら嬉しいくらいが自分の中で決まるので、これを元に不動産屋にメールしまくった。僕はこの段階では10社くらいにメールを送った。

不動産屋は不動産会社[不動産屋]の検索・口コミや評判なら【HOME'S】とかで周辺の不動産屋を探すことが出来る。あとは見つかった場所の問い合わせメールに送るか、その会社のホームページのお問い合わせフォームから問い合わせできる。


ポイントとしては

  • 電話番号を情報に入れない
  • メールで頼むって書きまくる

というところ。

良い物件を探す前に、まず良い不動産屋を探すというところが目的なので、出来るだけ不動産屋を切りやすくしておく。電話を受けてしまうと、情がわくのでやめた。

良さげなところ数社に絞り返信

メールを送っておくと大体1日くらい立つと全部のところから情報がやってくる。それを全部眺めてみると不思議なことにこの不動産屋いいなと思うところは数社くらいになった。


この不動産屋いいなと思うときに見てたポイントとしては

  • 送った条件にマッチする物件を送ってきているか
  • メールの文章が分かりやすいか

くらいで判断した。

大体物件見てると、

  • 送った条件より家賃が高い物件おすすめしてくる
  • 送った場所とちょっと違うところをおすすめしてくる
  • なんか微妙な物件が多い

みたいなマッチしないものを送ってくるところもあるので、そこはどんどん切る。

メールの文章が分かりやすいかも重要で、結構良かった不動産屋は

  • 条件に合う物件をきちんとリストにしてくれる
  • リストの一軒一軒に、なぜこれをおすすめしたのかというポイントが書いてある
  • その後気になった時はここに問い合わせしてくださいときちんと書かれている

というなことをしてくれていた。


大体数社くらいに絞れたら、次はきちんと物件見て、もうちょっとこういう物件ないすかとかいろいろ返信返す。僕の場合は

  • なんかたまに人呼びたいんで1DKとかでなんかないですか
  • この物件ちょっと気に入ったんですけど、同じような内容でなんかないですか
  • 1DKやっぱり使い方微妙なので、広めの1Kとかでないすか

みたいな感じでいろいろ返信していった。

一番いい感じに返答してくれた雰囲気の店に行って相談

こういうことを繰り返してると、ここなら行って相談してもよいなという不動産屋が決まったので、その店に「直接いきます見学もしてみたいです」っていう連絡をし、訪問することにした。


訪問当日にやったのは

  • 良さげな物件にすぐさま見学に行くのではなくて、ひとまず送ってもらった物件ベースで相談しまくる
  • 直球で一番お勧めなところを聞く
  • 色んな話を総合して見学は5軒くらいに絞る

くらい。

大体メールの段階ではまだこちらの要望を伝えきれてなかったり、あちらのおすすめ度の温度感がつかめなかったりするので、一旦メールでの物件を下地にしていろいろ話を聞いた。それで最終的に見学に行くのだけど、これもあんまり多く見過ぎると印象よくわからなくなるので、5軒くらいにした。このときに決めた5軒は前段階で良いなと思っていたのとはぜんぜん違うものになった。


見学に行っていくつか回ったら気に入ったのがあったので、それで決めた。ちなみに決めた物件は結局一番おすすめはどこですかって聞いて返ってきたところだった。

感想

今回は良い物件を探すのではなく、良い不動産屋を探すという方向に考えを変えることができたのが良かった。

部屋探しは面倒、suumoやhomesで探しててもよく分からない、自分より物件探しのプロの不動産屋の方が物件探しは得意なんだからそこに任せたほうが結果的に良いだろう、なら任せられる人を探そうという感じ。

自分に合う探し方は人それぞれだろうけど、僕は質問するの好きなので、suumoで探すよりこちらのほうが良かった。