$shibayu36->blog;

株式会社はてなでエンジニアをしています。プログラミングや読書のことなどについて書いています。

Mojo + Skinny + Xslateの雛形を作成するFlavorを作った

 以前、Mojolicious + Xslate + SkinnyでMVC開発環境 - Dive into the Tech World!の記事で紹介したMojo + Skinny + XslateでのWeb Application開発ですが、毎回毎回あの変更を加えるのは面倒なので、Module::Setupを使ってすぐに雛形を作れるように、Flavorを作成してみました。

Mojo + Skinny + Xslateの雛形作成方法

 githubに雛形作成用のクラスを置いてあるので、以下のコマンドで取ってきてください。

git clone git://github.com/shibayu36/p5-Module-Setup-MyFlavor.git

 その後、Module::SetupでFlavorをインストールします。以下のコマンド。

cd p5-Module-Setup-MyFlavor/lib
module-setup --init --flavor-class=+WebAppMojoSkinnyXslate webapp-msx

 インストールするとその雛形を作成することが出来ます。

module-setup MyApp::Sample

以上コマンドで以下のような構造で雛形がされました。

MyApp-Sample
├── Changes
├── MANIFEST.SKIP
├── Makefile.PL
├── README
├── inc
│   └── Module
│       └── Install.pm
├── lib
│   └── MyApp
│       ├── Sample
│       │   ├── Controller
│       │   │   └── Example.pm
│       │   ├── Model
│       │   │   └── Schema.pm
│       │   └── Model.pm
│       └── Sample.pm
├── log
├── public
│   └── index.html
├── script
│   └── MyApp-Sample
├── static
│   ├── css
│   ├── images
│   └── js
├── t
│   └── basic.t
└── templates
    ├── example
    │   └── welcome.html.tx
    ├── exception.html.ep
    ├── layouts
    │   └── base.tx
    └── not_found.html.ep

まとめ

 以上、Module::Setupを使ってMojo + Skinny + Xslateの開発の雛形を作成する方法でした。Module::Setupを使えば自分の好きな雛形を作成できるので、自分用雛形をいろいろ作ってみたいです。