$shibayu36->blog;

株式会社はてなでエンジニアをしています。プログラミングや読書のことなどについて書いています。

Linuxカーネル解読室序章を読んだ

 現在株式会社はてなではLinuxカーネル解読室という本の勉強会をやっています。章が進んでいくにつれて、理解できなくなってきたので、初めから読み直し、マインドマップに落とし込む事で理解を深めようと思いました。今回は序章を読み直しました。マインドマップは公開しておきます。

マインドマップ

f:id:shiba_yu36:20100927224627p:image

見えづらいのでここにpdfファイルを置いておきました。
Linux本序章 - Linuxカーネルの構成要素.pdf 直

簡単な解説など

今回は序章のLinuxのカーネルの概要の部分を読みました。簡単にまとめると、Linuxカーネルは

  • カーネルプリミティブ(基本機能。割り込み、時計、同期など)
  • プロセス管理
  • メモリ管理
  • ファイルシステム
  • プロセス間通信
  • ネットワーク
  • 起動

のアプリケーションが動作する為の基本環境を提供し、アプリケーションはシステムコールを呼び出すことで便利なカーネル機能を呼び出せるようにしています。

今回は簡単ではありますが、以上です。これからも少しずつ更新していこうと思います。何か指摘などあれば教えてくださいー。