読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

$shibayu36->blog;

プログラミングの話や自分の考えを色々と書いています。特にperl、emacsや読んだ本の話が多いです。

builderscon tokyo 2016に参加しました & 発表しました

tech

builderscon tokyo 2016に参加してきました。buildersconは「知らなかった、を聞く」をテーマにしたと書いてあるとおり、かなり尖った発表が多く、非常に楽しめました。

僕は「一から始めるJavaScriptユニットテスト」という発表をしました。全体的にハックっぽい発表が多く、僕の発表はチュートリアルっぽい内容だったので、場違いだったかな...と思いつつ発表したのですが、何人かの人に資料が分かりやすかったなどと言ってもらえたので、ほっとしました。発表内容はHatena Developer Blogの方に書きました。

developer.hatenastaff.com

聞いた発表の感想

あとは、印象に残ったセッションの感想を書いていきます。

OSSWindows で動いてこそ楽しい

「動かないものが動くこと自体が楽しい」という話をされていて、そのモチベーションで素早く様々なものを作っていることが印象的でした。エンジニアの初心を思い出すような、非常に刺激を受ける発表でした。

動け!Golang 〜圧倒的IoTツール開発へようこそ〜

自分の今まで全く知らなかった工場での話がされていて、新鮮な思いで聞いていました。工場でも普通のWebの開発と同様に、開発フローをエンジニアがツールを作って改善しているというのが興味深かったです。

C 言語で行う Web フロントエンドプログラミング

コンパイラが異常な努力をしているな...という状況が伝わってきました。ブラウザでVimが動くのはすごい。

「片手間JavaScripter」にも知ってほしい、Vue.jsで実現するMVVMパターン、Fluxアーキテクチャとの距離

MVVMというアーキテクチャと、Fluxのアーキテクチャが近づいていく様を解説していたのが分かりやすく良かったです。アーキテクチャパターンに振り回されず、その意味について正しく理解していく姿勢を見習いたいです。

Bluetooth キーボードの作りかた

すごいの一言。なかったら作るを地で行っているのが凄いなーと思いました。同じコストなら知見を得られた方がいいという言葉が印象に残っています。

最後に

こんなにコアな話ばかりな勉強会はこれまで見たことなかったなと思いました。そのため発表全てが面白く、非常に楽しめました。来年もやる予定ということなので、楽しみにしています。運営の皆さんありがとうございました。

最近読んだ本 - 「マリオネットの罠」「アンネの日記」「玩具修理者」「動機」「猫を抱いて象と泳ぐ」

book

久々に小説などの本を読もうと思って、最近いくつか読んでいたので、ブログに書いておく。

マリオネットの罠

最初に読んだのは、赤川次郎さんの「マリオネットの罠」。小説を読むこと自体が久しぶりなので、感受性が必要なものより、昔から好きな推理小説系を読むほうが良かろうと思って、これを選んだ。

最初の方からテンポよく物語が進んでいって、そのスピード感で最後まで読み切れ、非常に面白かった。これが赤川次郎さんの処女長編と書かれていたのを見て驚いた。この著者の小説はこれまであまり読んだことがなかったので、今後読んでいきたい。

アンネの日記

自分が大学に入って以降、戦争の歴史にも興味が出始めていた。「アンネの日記」はいつか読みたいと思いながらずっと読んでいなかったので、これを機に読んだ。

日記という形式を取っているので、冗長な部分も多く、多少退屈な部分も多い。しかし、戦時中に迫害を受けていたユダヤ人のリアルな心情というのが見られるという点で興味深かった。最後に突然日記が終わるのもリアルで恐ろしい。

玩具修理者

短編が二つのっている。

一つ目は、玩具修理者という話。登場人物の二人が、玩具修理者という、生きているものだろうがなんでも直してくれる人について会話をするというストーリー。最初は何気ない会話に見えるのだけど、どんどん奇妙な展開になっていく。

二つ目は、酔歩する男という短編。こちらは時間をテーマにしている。あまり後味は良くなかったが面白かった。

両方共、小説におけるホラーというジャンルを表すとおり、じんわりとした恐怖感がある作品だった。

動機

動機 D県警シリーズ

動機 D県警シリーズ

これも推理小説系。長編と思って読んでいたら、4作品載っている短編集だった。タイトルにもなっている「動機」という短編は、すぐに物語に入り込む事もできて面白かった。他はそこまでという感想。短編系はあまり好きではないので、物足りなかった。

猫を抱いて象と泳ぐ

博士の愛した数式」などを書いている、小川洋子さんの作品。非常に面白かった。今回紹介する5つの中では一番おすすめ。

チェスの才能を持つ少年が主人公の作品。この主人公は、特殊な事情でチェス盤の下でしかチェスを指せず、しかしその状態で非常に美しい棋譜を作ることから、「盤下の詩人」と呼ばれていた。この小説の文章自体もこの主人公が冠した名称のように、詩のような美しさがあって、そこが非常に良かった。

まとめ

久々に一気に小説などを読んだ。面白い作品もっと見つけていきたい。

「コーチングのすべて」読んだ

tech book

 なぜ最近コーチングや人間の学習モデルの勉強をしているのか - $shibayu36->blog;や、目標設定の仕方を学ぶ - 「ザ・コーチ」読んだ - $shibayu36->blog;の続きとして、コーチングという知識を体系的に学びたいと思い、「コーチングのすべて」を読んだ。

コーチングのすべて――その成り立ち・流派・理論から実践の指針まで

コーチングのすべて――その成り立ち・流派・理論から実践の指針まで

 読んでみたところ、最初の方のコーチングとは何かという導入部分は面白かった。特にコーチの主な仕事を説明した一文が印象に残っている。

コーチの主な仕事は、「自分が問題を生み出す過程」をクライアント自身が理解する手助けをすることであり、コーチが問題を解決することではない

 さてそれでは体系的に学べたかというと、僕の今の段階では、この本から体系的に学ぶことはできなかった。この本は様々なコーチングのモデルを紹介し、その生まれた経緯などの歴史を知ることによって、コーチングとは何かについて迫るという構成になっている。僕の中でコーチングそのものに対する知識はそこまでなかったので、様々なモデルを見ても吸収しきれなかった。


 次は何を読もうかと考えたのだけど、もう少し簡単めで、体系的にまとめられていそうな本を読んでみたいと思っている。以前触れたけど「コーチングの基本」という本を読んでみたい。

この1冊ですべてわかる コーチングの基本

この1冊ですべてわかる コーチングの基本


 また、結局のところ自分は「コーチング」という分野だけを学びたいということではなくて、コーチングを含む人材育成周りの知識や、もっと大きなくくりであるマネジメントという技術を体系的に学びたいと思っていることに気づいた。そこで、単なる実践書にとどまらない、理論にもフォーカスしたような本を探して読んでみたいと思う。例えば「マネジメント入門」という本や「組織パターン」、「企業内人材育成入門」といった本が気になっている。

マネジメント入門---グローバル経営のための理論と実践

マネジメント入門---グローバル経営のための理論と実践

組織パターン

組織パターン

企業内人材育成入門

企業内人材育成入門



読書メモ

  • コーチングの本質は、学習や成長、変化を促して「人を助ける」ことにある 4
  • コーチングは、変化のための方法論であり、学び、成長し、最高の自分になるように人々を(そして、人々を通じて企業を)助けるもの 10
  • この本では、コーチングを効果的にするモデルや概念を紹介するが、ハウツーは教えない 11
  • コーチングは、クライアントを支援するための「コンサルテーション」の一形態 17
  • 支援のコンサルテーションの主な3つの形態 17
    • 専門家モデル : クライアントが専門知識に料金を支払い、結果に対する責任は持たない
    • 医者と患者の医療モデル : クライアントが一定の責任を持ち、指示に従うモデル
    • プロセス・コンサルテーションモデル
      • クライアントが全面的に責任を持つ
      • 問題のある状況を改善するために、クライアントが自分の内的・外敵環境に生じる出来事のプロセスに気づき、それを理解し、それに基づいて行動できるようになる関係を、クライアントとの間に構築すること
      • コーチングはプロセス・コンサルテーションの一形態
  • コーチの主な仕事は、「自分が問題を生み出す過程」をクライアント自身が理解する手助けをすることであり、コーチが問題を解決することではない 18
  • コーチングの様々な定義 18
  • コーチングの4つの重要な要素である、「変化」「不安」「関係」「学習」 19
  • コーチングは、クライアントの問題解決や、意思決定、あるいは目標達成を助けるだけでなく、自律的に学習する能力を育て、個人の成長を促すもの 20
  • コーチは答えを与えるより、質問をする 21
  • コーチングが取り扱うのは精神的な成長であり、メンタルのケアではない 22
  • コーチは、クライアントのビジネスの仕組みを正確にしる必要はない 22
  • コーチはクライアントに信頼される必要がある 24
  • 信頼は、2つの要素から作られる 24
    • 1. 誠実である、つまり、その行為と意図が心からのものであり、隠された思惑がないこと
    • 2. 頼りになる、つまり自分が言ったことを、約束した期間内に、満足させる水準で実行できる
  • 信頼は特定の範囲に限定される 24
    • 交渉がうまいので商談を安心して任せられる部下が時間を守るという点でも安心できるとは限らない
  • コーチの信頼性と誠実性のマトリクス 25
  • 人間心理学では、人間は自己実現を望んでいるという、楽観的な見解を前提にする 43
  • 人間性心理学の原則 43
  • 人間性心理学は、個人の独自性も重要視する。クライアントごとに合わせる必要がある 44
  • コーチングは、クライアントが自分自身の中に答えを探すように働きかけ、断定的に決めつけないという意識を重要視する 47
  • コーチは絶えずクライアントが気づいている限界を乗り越えるように促すことが必要 51
  • コーチングのクライアントは、自分の体験を口頭で話す際に、自分の話し方に振り回される人が多い 53
  • コーチングのクライアントは、自分の体験を口頭で話す時に、自分の話し方に振り回されることがある 53
    • 受動態の言葉を多用するなら、その人は自分自身がその体験を作ったことを忘れているとか 54
  • 体験談を聞くだけでは本当のところどうだったのかを知ることは難しいので、コーチは言葉の背後に隠れているものや奥底に潜むメッセージ、全体から発せられている非言語表現などを聞き取る必要がある 53
  • 従業員が会社に残ってくれるように企業が講じることの唯一の手立ては、従業員をトレーニングし、十分な技能を身につけさせること 60