$shibayu36->blog;

プログラミングの話や自分の考えを色々と書いています。特にperl、emacsや読んだ本の話が多いです。

評価制度の目的とは何か考えてみる

最近どのような人事評価制度が良いものなのか考えている。どういうシステムが良いかを考えるためには、まずは人事評価制度はどういう目的で行われるのかを考える必要があると思い、まずは人事評価制度は何なのかについて自分なりに考えてみたいと思う。

今のところいくつかの本を読んで、自分の意見をまとめているという段階なので、中身の正確さは保証できない。間違っているところなどあれば指摘してもらえると。

人事評価制度の目的は何か

「そうか、君は課長になったのか。」「マネジメントとは何か」「1分間マネジャーシリーズ」など、いくつかの書籍を読んだ所、人事評価制度はマネジメントという文脈で非常に重要なポジションであることが見てとれた。

これらの書籍を見る限り、以下の様なものが人事評価制度の目的となるのではないかと考えている。

  • 報酬による外的モチベーションの管理
  • 社員教育の促進
  • 会社の方向性を社員に伝搬させる

報酬によるモチベーションの管理

人事評価制度と聞くと真っ先に目的として浮かぶのが、報酬を適切に決めるための仕組みというもの。なぜ報酬を適切に決めないといけないかというと、社員の業績や努力と報酬が適切に結びつけることで、モチベーションを向上させることができるためだ*1

つまり、頑張れば頑張るほど評価されるという仕組みがあることによるモチベーション管理が、評価システムの一つの目的ではないかと考えている。


この目的を満たすためには、以下の様な要素が求められそう。

  • 努力や業績とは何かを規定できている
  • 努力や業績が、評価軸によって報酬と明確に対応していて、それが社員に伝わっている

社員教育の促進

人事評価制度の目的の一つとして、社員教育を促進するというのもありうる。


評価制度には評価軸というものがある。評価軸が適切に報酬に結びついているとすると、社員はそれから何を頑張ればよいかという方向性を知ることが出来る。

社内でこの職種がこのくらいの時期にあるべき姿を規定できていて、それが評価軸に反映されれば、社員はそれを短期的な自分の目標とすることが出来る。目標が決まれば、自分自身が何をすればよいかが明確になるので、それに向けて学習するなどのことができる。

また評価軸に対して、適切に評価点を付けてフィードバックすることにより、当人に今自分は何が会社から評価されているか、逆に何が課題なのかを適切に伝えることが出来る。これにより、当人の強みや課題を明確にすることができるので、それも教育に活かせる。


このような教育的な側面を担保するためには、例えば以下の様な要素が求められそうだ。

  • 会社として、どのような人材になって欲しいかが明確である
  • なって欲しい人材像が適切に評価軸に反映されている
  • 評価軸での評価が適切に被評価者にフィードバックされる


最近見た記事の中では、ペパボや糸井重里事務所とかがどのような人材になって欲しいか明確になってるなーと思ったので、参考にしたい。

ペパボのエンジニア評価制度をパワーアップした - delirious thoughts
東京糸井重里事務所の経理チームと総務人事チームが乗組員を募集します- ほぼ日刊イトイ新聞

会社の方向性を社員に伝搬させる

評価制度は、会社の方向性を社員に伝搬させるための仕組みにもなりうる。

「爆速経営 新生ヤフーの500日」によると、Yahooは会社をモバイルの方向に転換させるために、まず評価軸としてモバイルに関するものを作っている。他にも極端な例だけどぐるなびが会社のビジネスモデルを方向転換させるために、全員をヒラ社員に戻して、新しい指標で評価するといったことをしていたりする。

評価軸は報酬ともつながってくるはずなので、このように評価軸を調整することで、会社の方向性を社員レベルに伝搬させることも出来る。技術の会社にしたければ技術方面に評価軸を調整することもできるし、今期は売上を重要視したいならそのあたりの評価軸を調整するということも出来る。


この側面のためには、例えば以下の様な要素が求められそうである。

  • 会社として、どのような方向に行きたいかが明確である
  • 会社の方向性が評価軸に適切に反映されている
  • 評価軸と報酬の関係が明確であり、評価軸が重要であると社員に伝わっている

まとめ

評価制度は単に報酬を決めるためと思われがちだと思う。だけど、会社がある程度以上の規模になってきたときには教育やメッセージの目的もあるように感じる。

今のところいくつかの本を参考に目的を考えてみただけなので、他の目的もありそうに思える。もう少し知識を深めて、どのように評価制度を利用できるか考えてみたい。

*1:もちろんこれはモチベーションの一側面でしかなく、報酬を渡せばモチベーションが上がるという単純なものではない

週末と子どもとアンパンマン・妖怪ウォッチ

週末2歳くらいの親戚の子どもと遊んできた。最初は警戒されてたけど、泊まりでいるとだんだん慣れてきて、最後は着替えに一緒についてきたりしてきてかわいい感じだった。あと二人で踊ってた。

iphone持って適当に眺めてたら興味津々で覗きこんできて、けっこう面白かったので動画見せてた。天丼マンの踊りしてたので天丼マンの動画と、あと適当に最近話題の妖怪ウォッチを見せた。両方共真剣になって見てて面白かった。


アンパンマン、昔自分も子供の頃に真剣に見てた記憶がある。今も同じように子どもに見せてみると真剣に見てくれる。あと最近の話題の妖怪ウォッチもやっぱり真剣に見てくれる。この二つこれだけ流行ってるわけなんだから、子どもが好きになる何かの共通の要素が考えられて入れられているのかなあと思ったりしてた。どういう部分に興味をひかれるのだろうと軽く不思議に思った週末だった。

「夕凪の街 桜の国」

夕凪の街 桜の国 (アクションコミックス)

夕凪の街 桜の国 (アクションコミックス)

年末年始にセールやってて100円とかで変えたので読んだ。とにかく良すぎた。

この漫画は原爆が落ちた後の被爆者の生活について書かれていた。どれだけ被曝に苦しめられてきたかというものが伝わってくるし、それにより差別されてきた様子とか、でもそれを乗り越えている様子とか、そういうのを感じることが出来た。

十年経ったけど
原爆を落とした人はわたしを見て
「やった!またひとり殺せた」
とちゃんと思うてくれとる?

このセリフを見た時、けっこう震えた。そのくらい長く影響を与えたものだし、とはいえ被害者以外はそれを忘れてしまっていくのが非常に怖いなと思う。


小学生の時に一番衝撃を受けた漫画が「はだしのゲン」だった。小学校の本棚に全巻置いてあって、休み時間を使って読んでいた。その中で戦争の怖さとか、武器の怖さみたいなのを思い知った記憶がある。

その後うちの小学校では修学旅行で広島に行った。原爆ドームとかも見たし、資料館にも入った。小学生のときで考えると非常に心にダメージを与えるような内容で、気分が悪くなっていた人もいた。でもそこまでして感じることで、これが実際に起きたことなんだなと小学生ながらに実感することが出来た。

そういえばはだしのゲンの貸し出し禁止みたいな話があったけど、それはどうなったんだろうか。個人的には、子どもに対して情報をどんどん制限していくというのはあんまり良くないんじゃないのかなと思う。「悪い影響があるから見せるな」というのはどれだけ子どものことを分かっていて言ってるのだろうかと思う。それにより良い影響もなくしてしまうかもしれないのに。自分自身は子供の頃にそのような情報を受けたことにより、もちろん気分は悪くなったのだけど、その衝撃は今でもリアルに思い出すことが出来る。情報を制御し過ぎるとこういうこともできなくなるだろうと思う。


これまであったことは世間からだんだん忘れ去られてしまう。でも何かの形で引き継ぐとかは出来るように思う。今回の漫画を読んでいて、歴史から学ぶっていうことは忘れずにいたいなと思った。