$shibayu36->blog;

株式会社はてなでエンジニアをしています。プログラミングや読書のことなどについて書いています。

mac OS X snow leopardにmacfusionを入れてみた

Mac OS X snow leopardにmacfusionを入れてみました。少しはまったのでメモ。


1.MacFUSEをインストール
 MacFUSEのインストールサイトはgoogleCodeのここにあるので、dmgファイルをダウンロードして、インストールします。自分は、システム環境設定からβ版までインストールしちゃいました。その後再起動。


2.macfusionをインストール
 macfusionのインストールサイトはここにあります。dmgファイルをダウンロードして、インストールします。
 ここからが、少しはまりどころ。snow leopardの場合、アプリケーションディレクトリ下にインストールした場合、次のコマンドをターミナルから入力します。
rm /Applications/Macfusion.app/Contents/PlugIns/sshfs.mfplugin/Contents/Resources/sshnodelay.so
 これをしないと、snow leopardでは接続エラーがおこり、マウントできません。



3.使い方
 以上で、macfusionを使えるところまで行きました。ここからは簡単で、macfusionを起動し、+ボタンを押すと、追加することができます。ホスト名、ユーザ名、パスワードを入力し、マウントすると、デフォルトでは、そのユーザ名のホームディレクトリがMacの/Volumes/(ホスト名)下にマウントされます。
 また、サーバ側に.DS_storeファイルを作成しないようにするには次のコマンド。
$ defaults write com.apple.desktopservices DSDontWriteNetworkStores true