$shibayu36->blog;

株式会社はてなでエンジニアをしています。プログラミングや読書のことなどについて書いています。

centos5.4にredmineを入れてみる

Redmine自宅サーバCentOSにインストールした。

1.Rubyのインストール

yumだと、古いrubyが入ってしまうため、ソースコードからインストール

 最初にrdocを入れてしまう。

$ yum install rdoc

次にrubyを入れる。http://www.ruby-lang.org/ja/downloads/からダウンロード

$ wget ftp://ftp.ruby-lang.org/pub/ruby/1.8/ruby-1.8.7-p249.tar.gz
$tar zxvf ruby-1.8.7-p249.tar.gz
$cd ruby-1.8.7-p249
$./configure --prefix=/usr
$make && make install

さらにRubyGems。http://rubyforge.org/frs/?group_id=126&release_id=33411から。

$cd /tmp
$wget http://rubyforge.org/frs/download.php/60718/rubygems-1.3.5.tgz
$tar zxvf rubygems-1.3.5.tgz

railsをインストール。

$gem install rails --include-dependencies

2.sqliteのインストール

sqlite3をインストールする。yumで一発。あとsqlite3-rubyを入れないといけない。

$yum install sqlite sqlite-devel
$gem install sqlite3-ruby

3.redmineのインストール

redmineのインストール。http://redmine.jp/からダウンロード。

$mkdir /home/redmine/
$cd /tmp/
$wget http://rubyforge.org/frs/download.php/69052/redmine-0.9.2.tar.gz
$tar xzvf redmine-0.9.2.tar.gz
$cp -rp redmine-0.9.2/* /home/redmine

4.redmineの設定

 次にRedmineの設定。

 まずは、データベース接続設定。

$cd /home/redmine/config
$cp database.yml.example database.yml
$vim database.yml

ここで、productionの設定を以下に変更。

production:
  adapter: sqlite3
  dbfile: db/redmine.db
  timeout: 5000</blockquote>

 次にセッション暗号化用鍵の生成。

$rake config/initializers/session_store.rb

 データベースの初期化。

$rake db:migrate RAILS_ENV=production
$rake redmine:load_default_data RAILS_ENV=production

 とりあえず起動してみる。

$script/server -e production

サーバのポート3000にブラウザでアクセスすると、ページが見れました。やったー。
明日は、Apacheとの連携をします。やっぱり自宅サーバはいいなー。さくらインターネットと違ってインストールが楽すぎる。