$shibayu36->blog;

株式会社はてなでエンジニアをしています。プログラミングや読書のことなどについて書いています。

「イシューからはじめよ」再読

イシューからはじめよ―知的生産の「シンプルな本質」

イシューからはじめよ―知的生産の「シンプルな本質」

最近仕事で「やるべきと思うこと」が溢れてきて良くない傾向になっていたので、「本当にやるべきこと」を見極める方法を知りたく、昔読んだことのある「イシューからはじめよ」を再読した。

良いこと言っていると思いつつ、なぜか自分に落とし込めてない。前も同じ感想を抱いた気がする。なんだろうな、結局この本から自分の納得の行くアクションが抽出できていない。100個問題っぽいものがあったら2~3個しか今の段階で解くべきものはないからそれを見つけろという意見は分かるが、見つけるためのアクションが咀嚼できてない。困った。

【13:30追記】
課題のどれからやるべきかを決める方法を悩んでいたけど最近のISUCONの時のやり方が参考になりそうだと思った。

ISUCONは改善すべきポイントは無数にあるが、実際には一番ボトルネックになっているところを解消しないとスコアは上がらない。前回やったときはまず全体像を眺めてこの辺を改善すべきというリストを作って、その後この中で一番効きそうなものから取り組んでいった。効きそうかどうかはアクセスログやクエリ分析、サーバ負荷状況から推定した。

つまり

  • 課題リストを作る
  • リスト内の比較で重要度を決める
  • 重要度がすぐに分からないところを定量的に分析する

という感じだろうか。

読書ノート

  • 生産性の定義は組織論と同じだな 220
    • 「どれだけのインプットで、どれだけのアウトプットを生み出せたか」
    • 生産性 = アウトプット / インプット = 成果 / 投下した労力・時間
  • 「イシュー度」とは「自分のおかれた局面でこの問題に答えを出す必要性の高さ」、「解の質」とは「そのイシューに対してどこまで明確に答えを出せているかの度合い」。この組み合わせでバリューのある仕事かどうか決まる 256
  • 今取り組むべきタスクはほんの少ししかないというのは、いすこんのボトルネックと近いなと思った
    • 問題かもしれないものが100あったら、本当にやるべきものは2~3個
  • イシューを言葉で表現するときは、主語と動詞を入れ、「WHY」より「WHERE」「WHAT」「HOW」を重視し、比較表現を入れる 523
  • 良いイシューとは、先の方向性に大きく影響をあたえ、深い仮説があり、答えを出せるもの 545
  • 新しい構造でイシューをとらえる 684
    • 共通性の発見、関係性の発見、グルーピングの発見、ルールの発見
  • 仮説を立てるためにはユーザーに会うなど一次情報の収集にこだわる。書籍など二次情報は一面的にしか情報がない 752
  • イシューが見つからない時のアプローチ。変数を削る、視覚化する、最終形からたどる、so whatを繰り返す、極端な事例を考える 856
  • 組織なら目指すべき姿とギャップを考えるとよさそうと思った 895
  • だから何?を繰り返し、イシューの曖昧さをなくす 934
  • サブイシューを洗い出すときは何がわかれば意思決定ができるかの視点で見る。これはKPI分解で施策検討ができるようにするというのと話が同じと思った。 1150
  • 分析は、どんな分析結果が欲しいのかを起点に考える。データをただ眺めるのではダメ。 1327
  • 分析とは比較であると考える。たしかにサービスの戦略を考える時も、他と比べて何が弱いかとか、どの数値が意図せず低いかみたいなの考えた 1363
  • 分析をしたいときは先に問いを立てようと思った
  • 比較には、比較、構成、変化という三種類しかない 1377

ストレングス・ファインダーをやった

自分の強みを改めて知りたいなと思ってやってみた。


強みトップ5は次のものになった。

  • 1. 個別化: 個別化という資質を持つ人は、一人一人が持つユニークな個性に興味をひかれます。異なるタイプの人たちの集団をまとめ、生産性の高いチームを作ることに長けています。
  • 2. 学習欲: 学習欲という資質を持つ人は、学習意欲が旺盛で、常に向上を望んでいます。特に結果よりも学習すること自体に意義を見出します。
  • 3. 分析思考: 分析思考という資質を持つ人は、物事の理由と原因を追求します。状況に影響を与える可能性のあるすべての要素を考慮に入れる能力を備えています。
  • 4. 内省: 内省という資質を持つ人は、頭脳活動に多くの時間を費やします。内省的で、自分の頭の中で考えるのが好きで、知的な討論が好きです。
  • 5. 規律性: 規律性という資質を持つ人は、日課や秩序正しい計画に従うことを好みます。世界は自分が作った秩序の中に存在します。

いろいろ読んでみて強みを自分の言葉にまとめ直すと

  • 人の良いところを見つけられる。その人にあったタスクを割り当てたり、その人に合ったやり方を提案できる。
    • タスク差配やメンタリングは好きなので役立ってると感じる
  • 考えることが好き。学習が好き。特に書籍を参考にする。何かを始める前に時間をかけて準備をし、自分の中で納得したい。
    • 新しいことを始める時スタートダッシュが遅いが気づいたら自分の中でかなり体系化できているのは、このあたりの強みが活かされていそう。
  • 自分の中で緻密に計画を立てたい。やったことは標準化して再現可能にできるようにしたい。
    • 計画立てないと不安になるし、計画によってうまくやってきた気はする
    • また自分の通ったところはその後は誰でもできるように整備されているので、この辺の強み活かされていそう


なぜかあまり深く考えなくともうまくできるなと思っていたところが実際に強みとして言語化されるのが面白かった。より活かせるようにしていきたい。

「初速思考」再読した

最近仕事で新しい領域のことをやり始め、新しいことの連続で全然思考が追いついてない。思考が追いついていないためか、うまく仕事から学べていない実感もある。これはいけないと思って、そういえば知識の定着の方法として参考になるよと紹介されて読んだ本があったなと思い出したので「初速思考」を再読した。表紙から見ると「The ビジネス書」って感じだが、今だからこそ参考になる良いことが書いてあり、読んで良かった。


まずこの本で紹介されている一行振り返りという習慣が非常に良い。これは自分が経験したことから学ぶために、仕事をやっての振り返り(ここが良くてうまくいった・ここは改善するともっと良くなるなど)を少なくとも毎日一行は書くというもの。振り返りを頑張ってしようとしすぎると大変でやらなくなることも多いが、一行なら2~3分で終わるし継続できるでしょと書かれていた。

また、例えば1~2週間に1回など定期的にこの一行振り返りを見直して、自分でカテゴリ分けしてアクションリストのようなものにまとめ直すと良いと書かれている。これにより特定の業務(例えば1on1とか)に対する自分の工夫がまとまるようになり、その後その業務を行う前に該当のアクションリストを読むことで仕事の質が上がるという。

確かにこのようなことをすると経験が言語化されて、その後時間が経ったとしても再現可能な状態にすることが出来ると感じた。しかも前回読んだときに少しだけ一行振り返りを実践していたらしく、それを読み直したらまさに「知見」という感じだったので、この習慣は実践したいなと感じた。


またこの本で、新しい種類の業務を始めるときは自分が得意 & 結果を短時間で出せるタスクをまずやれと書かれていたのも印象に残った。とにかく初速を出すのにこだわれ、新しい業務になったとしても以前の経験が活きる場所を見つけ結果を出せという感じ。新しい業務に取り組む時には早めに何か見える結果がある方が、自分のモチベーションも上がり上司からの信頼も得られて動きやすくなると書かれていて納得した。今後意識したい。


以上二点がこの本で印象に残ったことでした。今の時期に読めて良かった。

読書ノート

  • とりあえず1日一回はリマインドが入って、今日のうまくできたこと、改善できそうなこと、すごいと思った出来事からをキックに振り返るというのをやりたい
  • 1週間に一回くらいカテゴリ分けしてアクションリストにしたい
  • まず見える結果を出すことが大事!信頼感が生まれる
  • 成功を振り返り、成功要因を分析して、ラッキーもラッキーで終わらせない 1024
  • 状況と行動と結果でメモすると良さそう
  • 仕事のやり始めは、短時間で終わり結果が出る(結果の量に問わず)ものにフォーカスする。自分の得意分野が活かせるものにする。また優先度は上司と間違ってないか確認して進める 1525
  • はじめて経験する仕事は、すでにやった人に助けを借りる。最初に何をしましたかは良い質問 1573
  • 経験知を言語化しておかないと忘れて再現不能になるよなーと再認識。言語化しよう
  • 組織の変革をするときは、急激に方針を変えすぎない 1984