$shibayu36->blog;

株式会社はてなでエンジニアをしています。プログラミングや読書のことなどについて書いています。

「鴨とアヒルのコインロッカー」読んだ

アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)

アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)

読んだ。

この小説は、現在と2年前の両方のエピソードが交互に展開されて進んでいく。読んでいると、いくつか疑問点が出てくるんだけど、それがペンディング状態になったまま進むので、次はどうなるんだろうとか思いながらさくさく読むことが出来た。

最終的にはいろんな疑問点が一気に解消されて、それぞれのエピソードがつながる。二つの話が交差するというのはよくあるように思うけど、この本は非常に分かりやすく、読み返さなくても頭のなかで話が繋がっていく感じで、面白いと思った。タイトルの「鴨とアヒルのコインロッカー」も最初はどういう意味か全くわからないけど、最終的にはこれもどういう意味かすんなり頭に入ってきた。

伊坂幸太郎、これまで色々読んできたけど、また他のも読んでみたい。