読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

$shibayu36->blog;

株式会社はてなでエンジニアをしています。プログラミングや読書のことなどについて書いています。

「慟哭」読んだ

book novel

慟哭 (創元推理文庫)

慟哭 (創元推理文庫)

伏線回収系ということで面白そうと思って読んだ。

前半の方はそこまで動きが速くなかったのだけど、半分辺りからどんどん先が気になって最後まで読み切ってしまった。一番最後の方のクライマックス感良かった。

いわゆるトリック部分も面白かったのだけど、それ以外にタイトルになっている「慟哭」のとおり、深い悲しみをテーマにそれぞれの人の感情が非常に良く描かれていた。親の感情というのはまだわからないけど、そのくらいの強い感情なのだろうというのが感じられてよかった。