$shibayu36->blog;

株式会社はてなでエンジニアをしています。プログラミングや読書のことなどについて書いています。

株式会社はてなに入社しました

 これまではずっとアルバイトでしたが、この四月から株式会社はてなに社員として入社しました。最初の一週間の様子と、これから何をやりたいかについて少しだけ書きます。

一週間

 先週は3日間研修があって、その後チームに配属されて仕事を始めました。
 研修では、はてなの中で各開発チームがどのようなことをしているかについてや、営業やサポートなどがどのような仕事をしているかについて、お話を伺いました。これまで2年間くらいアルバイトをやってきたとはいえ、自分が仕事をしていた以外のチームのことはそこまで詳しく知らなかったので、いろいろな話を聞けて非常に楽しかったです。
 配属はもともといたチームで変わりはありませんでしたが、これからもはてなの基盤となる部分(プラットフォームや課金など)をやっていくことになると思います。
 実際一週間位仕事をして、まず感じたのは「一週間疲れたー」ということでした。アルバイトからそのまま社員になったので、正直何も変わらないだろうなーと思っていたのですが、少しばかり責任感が増し、他の新卒の人と初めてコミュニケーションをしたということもあって、自分の中のペースをうまく保てず、思った以上に疲れてしまいました。
 そのためまず自分のペースを保ちながら仕事をするということを心がけようと思っています。

これから何をやりたいか

 エンジニアとしての面とマネージャとしての面の二つの方向性でそれぞれやりたいことがあります。またサービスの方向性としても

技術者として

 これまで二年間くらいはてなでエンジニアアルバイトしてきました。その間で、何かを作るという点では、サービスの表側を作っていくということより、裏側で支える部分を作るほうが好きだということに気づきました。
 そこではてなに入ってからは、パフォーマンスなどを見ながらサービスを裏側で支える部分を作ったり、ミドルウェアの部分も触れるようにしていきたいと思っています。
 もちろん裏側からサービスを支えるためには非常に多くの知識が必要とされると思うので、まずはちゃんと勉強していくところから始めたいです。勉強すべきことは優先度付き技術的に勉強したいこと - $shibayu36->blog;らへんに書きました。

マネージャとして

 もともと大学時代では、大学に5年間いて、卒業した - $shibayu36->blog;に書いたように、人をまとめながら大学の寮の運営を行うみたいなことが、自分の中で一番興味を持ってやってきたものでした。
 そこでこのあたりでやってきたことを生かしながら、はてなでも仕事をしたいなと思っています。そこで技術者としてプロフェッショナル的な方向に進むと言うよりは、技術的なマネージャとしての方向に進んでいきたいなと思っています。
 今、これの第一歩といえるような仕事を任されているので、まずはそれをしっかりとやっていきたいです。
 もちろん技術的なことをするのも好きなので、社内及び社外で、非常に技術的に優れている人たちに追いつく気持ちでやっていきたいと思っています。

最後に

 なんか淡々と自分の思いを言うだけみたいな感じになってしまいました。
 まぁとにかくこれまでに言った自分のやりたいことを達成するためには、無限に勉強することがあるなーというイメージだけ持っています。ただ、たくさん勉強することがあるからと言って慌てると、自分のペースを崩す原因の一つになりうるので、一番最初に書いたように、まず自分のペースを掴むところからですね。そのあとは一歩ずつ着実にやりたいことを進めていきたいと思っています。
 それではこれからもよろしくお願いします。