$shibayu36->blog;

株式会社はてなでエンジニアをしています。プログラミングや読書のことなどについて書いています。

twitterユーザにタグ付けできるサービスtagwitterをリリースしました

先日、twitterユーザにタグ付けできるサービスであるtagwitter(http://tagwitter.b-com.asia/)というサービスをリリースしました。作ろうと思ったきっかけと、その使い方について少し書いてみたいと思います。

作ろうと思ったきっかけ

 twitterを使っていてfollow数が増えてくると、「この人フォローしているけど誰だっけ?」ということがよく起こりました。そこでリスト機能を使って適当に管理しようと思うのですが、やはりリスト機能だと「大学の友達」のようにある程度ざっくりとした集団としてメモすることはできるのですが、もっと細かくメモするということは難しくなってきます。一人のメモのためにリストを作っていくとだんだんリスト自体の管理もできなくなってしまうからです。

 また、twitterでユーザを探そうとして、特定キーワードで検索してもあまり見つけることが出来ないという不便さもありました。何か特定のキーワードでもっとユーザが探せたら便利なのにと思っていました。

 そこで、それならユーザにタグのような形でメモを残しておくことで管理し、さらにそれを使って自分の興味のあるユーザを探すことができる仕組みを作ったらいいのではないかと思い、今回のサービスを作り始めました。

tagwitterでできる事

 それではtagwitterでできることを簡単に説明していきたいと思います。http://tagwitter.b-com.asiaからアクセスすることが出来ます。

0.ログイン

すべての機能はtwitter経由でログインしないと使えません。まずは上のメニューのログインからtwitter経由でログインしてください。

1.ユーザにタグを付けることができる

 このサービスではユーザにタグをつけて、自分の気になるtwitterユーザにメモをつけておくことが出来ます。ユーザを探すには、上のメニューのユーザをクリックし、検索ワードを入れて検索してください。それからユーザ名をクリックし、ユーザ詳細画面に行くと下の方に+アイコンがあるので、そこからタグを付けることが出来ます。間違ってタグを付けてしてしまっても、自分がつけたタグの右側にあるバツ印をクリックしたら、消すことが出来ます。



 また、自分のフォローしている人やフォローされている人からもユーザ詳細画面に行くことが出来ます。こちらは上のメニューのMyページに行ってから、「フォローしている」または「フォローされている」タブをクリックするとユーザ一覧を見ることが出来ます。

2.自分に関連するタグを管理することができる

 自分が付けたタグや付けられているタグをMyページで管理することが出来ます。Myページの「付けているタグ」タブからは自分がこれまで付けてきたタグの情報の確認を、「付けられているタグ」タブからは自分がこれまで付けられたタブの情報の確認と非公開設定をすることができます。また、「フォローしている」、「フォローされている」からは自分がtwitterで関連している人に自分はどんなタグを付けたのかを確認することが出来ます。これらを使うことで自分がtwitter上で気になるユーザにメモしておき、自分の気になるtwitterユーザを整理しておくことが出来ます。

3.タグからユーザを検索できる

 さらに自分の興味のあるキーワードからタグを検索し、そのタグを付けられているtwitterのユーザを見ることで、自分が興味のあるユーザを探すことが出来ます。上のメニューのタグからタグ検索を行ってください。その後検索されたタグの名前をクリックすることで、そのタグを付けられているユーザの一覧を見ることが出来ます。

最後に

以上リリースしたtagwitter作成の動機と使い方でした。さらに機能追加などを行っていきたいと考えているので、要望や修正等あれば@shiba_yu36や、id:shiba_yu36に気軽に言ってください。