$shibayu36->blog;

株式会社はてなでエンジニアをしています。プログラミングや読書のことなどについて書いています。

RackSpace Cloudを使ってみた

 最近、何かサービスを作りたいけど、サーバどうしようと困っていたところ、RackSpace Cloudというサービスを見つけました。なかなかよいサービスなので紹介。http://www.rackspacecloud.com/

概要

 RackSpace Cloudというのは、いわゆるクラウドホスティングサービスというもので、有名なAmazon EC2のようなものです。さくらインターネットのようなレンタルサーバと違って、こちらはroot権限がもらえるので、実質どんな事でも出来ます(ある程度性能の限界はありますが)。一つアカウントをとれば、サーバを増やしたり、減らしたりするのは自由自在。OSとして、さまざまなLinux OSやWindows Serverが使えます。

価格

Amazon EC2と違って、こちらは学生でも手が出しやすい価格になってます(一番安いと、月1000円程度)。スペックごとの固定費用と、通信料がかかります。通信料は管理画面から今月どれだけ使ったかがわかるので、管理しやすいです。

固定費用
スペック(メモリ、CPU) 一時間の値段 一ヶ月の値段
256 MB/10 GB 1.5¢ $10.95
512 MB/20 GB $21.90
1024 MB/40 GB $43.80
2048 MB/80 GB 12¢ $87.60
4096 MB/160 GB 24¢ $175.20
8192 MB/320 GB 48¢ $350.40
15872 MB/620 GB 96¢ $700.80
通信料
サーバへのデータ受信 22¢/GB
サーバからのデータ送信 8¢/GB

注意点

 このサービスは海外のサービスなので、英語しかサポートしていません。
 本当に驚いたのですが、適当にアカウント登録して完了と思って、最後の画面を見ると、こんな一文が英語で書かれていました。

本人確認のためにあと十五分以内に電話かけるよ!

ビビります。まじで。
 そんなに難しい事を聞かれている訳じゃないので、聞き返しまくればなんとかなりました。ただし、あちらは単純作業だからか、早口で話してる感じでした。あまり英語はなせないからゆっくり話してくれませんか?って聞いても、ゆっくりにならなかった・・・。ちなみに、次のような事が聞かれました(おそらく入力情報をランダムに聞かれるので、他にも聞かれる事があるかもしれない)。

  • 入力した住所(addressって言われたらたぶんこれ)
  • 入力した電話番号(phone number)
  • 登録したクレジットカードの種類
  • クレジットカードの有効期限(expire dateって言われたのかな?)

まとめ

 英語しかサポートしていないというのは敷居が高いですが、2~3分くらい頑張って電話すれば、安いわりに非常に快適なサーバを手に入れる事が出来ます。学生の方で、自宅サーバはうるさいし、場所もないという方はここで借りてみるとどうでしょうか?