$shibayu36->blog;

株式会社はてなでエンジニアをしています。プログラミングや読書のことなどについて書いています。

diredの主要キーバインドメモ

http://www.bookshelf.jp/soft/meadow_25.html#SEC267が参考になったのでメモ。

dired での主要なキーバインド

dired でのディレクトリ移動,削除などの作業は以下のようにします.

  • nとp:カーソル移動
  • RET:ファイルを開く. e や f でも OK
  • ^:1 つ上のディレクトリへ移動
  • D:ファイルを削除.
  • C:ファイルをコピー
  • R:ファイル名を変更
  • +:ディレクトリを作る
  • s:並び方を変更. C-u s で ls の引数を変更できる

その他のキーバインド

  • m:選択したファイルにマークをつける. ディレクトリ名のところで押すとすべてのファイルにマークをつける
  • u:選択したファイルのマークをはずす. ディレクトリ名のところで押すとすべてのファイルのマークをはずす
  • t:ファイルのマークを反転する. マークが 1 個もなければ,すべてにマークがつく.エクスプローラの「選択の切り替え」に相当する.
  • g:ディレクトリ内容を再度読み取る. エクスプローラなどで変更した変更を適用する時などに使う
  • d:ファイルに削除マークをつける. さらに, x を押すと削除される (ごみ箱へは行かないので注意).
  • k:マークのついたファイルを dired から消す. ファイル自体を消すわけではない.
  • A:マークしたファイルを検索. M-, で連続して検索できる. grep を使うほどでもない時に便利. サブディレクトリのファイルも選択可能.
  • Q:マークしたファイルに対し, query-replace-regexp (文字列の置換) を実行
  • =:diff を取る
  • B:ファイルをバイトコンパイル
  • Z:ファイルを gz に圧縮
  • !:shell 関数を実行. X でも可能
  • .:バックアップファイルなどを削除
  • i:サブディレクトリの内容を表示. $で表示/非表示をトグルできる